生き残りの投資

私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリヤの銀行破綻リスク

 イタリアの銀行が抱えている総額3,600億ユーロの不良債権は、EUの銀行が抱えている全不良債権の45%、イタリア国内総生産(GDP)の25%に匹敵する。2008年のリーマン・ショックの金融危機から回復していないイタリアの銀行は、その後も不良債権処理が進まず、逆に大幅に不良債権を増やしてきた。



 景気の悪化とマイナス金利で収益性は低下、さらに不良債権が膨らむ傾向にある。銀行は資本不足で、不良債権処理は困難、公的資金による政府救済を待つ破綻状態にある「ゾンビ銀行」と呼ばれてもおかしくない状況にある。





危機が迫るモンテ・パスキ銀行

 イタリアの銀行のなかでも、深刻な状況にあるのが、イタリア第3位、1472年に創業した世界最古の銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行 (BMPS、以下「モンテ・パスキ」)である。株価は今週に入り20%下げ、英国のEU離脱後には45%, 2007年の最高値から99.7%も下落している。そのため、5日には一定期間の株式売買停止となった。



 モンテ・パスキは2012年には大型銀行買収とイタリア国債の値下がりによる損失で経営困難となり公的資金による救済を受けた。2013年には、損失隠しのためのデリバティブ取引で損失が発生、2度目の救済を受けている。



 モンテ・バスキの不良債権は2009年の約150億ユーロが2014年には約468.6億ユーロに増加、今では約552億ユーロにまで膨れ上がっている。不良債権比率は41%とイタリアの銀行のなかでは最も高い。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/09(土) 19:57:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自国優先主義の台頭 | ホーム | イタリヤから炎が>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kibe353.blog.fc2.com/tb.php/267-7c5e310e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソロス1

Author:ソロス1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。