生き残りの投資

私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安川電機に見る市場心理の変化

「こんなに上昇するとは…」。21日の東京株式市場で、市場関係者からは驚きの声が上がった。前日の米国株が小幅安だったにもかかわらず、日経平均株価は大幅に続伸。上げ幅は一時前日比398円高まで拡大する場面があった。上昇をけん引したのは鉄鋼や機械、電機、海運。これらの業種に共通するのは、中国経済への先行き懸念で売り込まれていたという点だ。


前日比300円超値を上げ、1万8554円で取引を終えた日経平均株価(21日午後、東京都中央区)
 この日の相場を象徴したのが安川電機と新日鉄住金になる。安川電機は前日に2015年4~9月期決算を発表。純利益は前年同期比3%増の120億円と過去最高になった。制御機器やロボットを主力とする安川電機は、中国の景気減速で業績が伸び悩むとみられていた。市場の不安をよそに最高益を発表し、21日の株価は10%高となった。市場からは「予想外に良かった」との声が聞かれる。

 新日鉄住金は「16年3月期の連結経常利益が3000億円強と、前期比で約3割減る見通し」と伝わった。会社計画より減益幅が広がったのに、市場は買いで反応した。終値は5%高だ。新日鉄住金につられるように、JFEホールディングスや神戸製鋼所も上昇した。

 夏場以降、株式市場の最も大きな懸念は中国経済だった。上海株が乱高下し、厳しい景気指標が相次いだ。鉄鋼や機械は中国の景気減速が業績に与える影響が大きい。

 新日鉄住金の株価は6月以降、ほぼ一本調子で下げてきた。だが、今回の報道を受けて「少なくともPBR(株価純資産倍率)で1倍割れまで売り込むほど悪い内容ではなかったと受け止められた」(しんきんアセットマネジメント投信の山下智巳氏)という。

 中国不安は行きすぎだったかもしれない――。安川電機の業績などを受けて、21日はこんな見方が市場に広がった。小幅安で始まった日経平均は、すぐに上昇に転じると午後にかけて上げ幅を拡大した。「これまで売り込まれていた銘柄に買い戻しが入った」(国内大手証券のトレーダー)という。

 もっとも、これで「株価が上昇トレンドに入った」と見る向きは、まだ少ない。4~9月期の決算発表はまだ始まったばかり。アバディーン投信投資顧問の窪田慶太氏は「ファナックやコマツなど中国事業に強みを持つ企業の決算を見極めたい」と話す。

 21日の朝方に発表された貿易統計では、中国向けの輸出減速が明らかになった。「中国経済が7~9月期で底を入れたかどうか、現段階では判断できない」(しんきんアセットマネジメント投信の山下氏)。中国関連企業の決算に一喜一憂する相場がしばらく続きそうだ。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/21(水) 20:51:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国向けの輸出 大幅減少 | ホーム | 中国   経済構造転換?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kibe353.blog.fc2.com/tb.php/233-02db5a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソロス1

Author:ソロス1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。