生き残りの投資

私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リーマンショックの嘘

サブプライム問題に発端する金融危機は、2008年9月に一層深刻なものとなりました。世間一般、特に日本のマスコミは、その原因は9月15日に破綻した「リーマンブラザーズ証券」だとし、今回の金融危機を「リーマンショック」と名付けました。マスコミがリーマンショックと連呼するために、日本では金融危機=リーマンショックだという認識が広がりました。

しかし、これは完全に間違った考え方です。金融危機への影響力として、リーマンブラザーズの破綻などは小さいもので、もっと大きな要因があったのです。

金融危機の第一の原因は、リーマン破綻の翌日(9月16日)に保険大手のAIG社が経営危機に陥り、公的管理下におかれたことです。AIGは「CDS(クレジットデフォルトスワップ)」という、企業の倒産保険を大量に扱っており、AIGの経営が不安定になったことで、保険金が支払われなくなる恐れが出たのです。マーケットはこれを恐れ、株式などリスク資産を一気に売却したので、株の暴落が始まったのです。

そして金融危機の第二の原因であり、最大の致命傷となったのが、9月29日にアメリカの下院で金融安定化法案が否決されたことです。金融安定化法案は、経営が不安定になった大手金融機関に公的資金を注入するなど、サブプライムの原因を作った張本人達を助けるような内容でした。しかし、日本を始め世界の金融危機の事例から、公的資金の注入なくしては金融の回復は望めないことは明白でした。国民の反対が強くとも、議員達は金融安定化法案に賛成せざるを得ないと見られていました。

しかしアメリカの下院で、金融安定化法案はまさかの否決となりました。これは市場の誰もが予測していなかったことで、まさに青天の霹靂でした。このままではシティバンクなど大手金融機関の破綻が現実になるとして、市場ではパニック売りが加速しました。その衝撃の大きさは、ニューヨークダウが777ドル安という、史上最大の下げ額を記録したことからも明らかです。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/08(日) 15:02:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<物言う株主  ファナック | ホーム | 恐怖の逆走が始まる この「円安」は突然、終わる ——「円安シフト」はもう遅い、地獄を見ることに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kibe353.blog.fc2.com/tb.php/189-b3b8a5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソロス1

Author:ソロス1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。