生き残りの投資

私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐怖の逆走が始まる この「円安」は突然、終わる ——「円安シフト」はもう遅い、地獄を見ることに

いつまでも続くはずがない

円高株安という見たくもない光景が日本市場に立ち現れたのは、1月半ばのことだった。

きっかけを作ったのはスイス。スイスの中央銀行は通貨スイスフランがユーロに対して高くならないように為替市場への無制限介入という政策を行っていたが、これを突如終了すると発表。大混乱に陥った投資家が株などのリスク資産を売る一方で、安全資産である円や日本国債への資産逃避に雪崩を打ったのである。

メディアはこの事態を「有事の円買い」と解説。スイス・ショックの余波は時の経過とともにおさまり、為替は再び円安基調に戻っていくと説明している。

しかし、そんな「安全報道」を鵜呑みにしていられない事態が水面下で進行していることはあまり知られていない。

FXプライム・チーフストラテジストの高野やすのり氏が言う。

「スイス・ショックを契機に、投資家の間で中央銀行をどこまで信用していいものかという疑心暗鬼が広まっています。そしてスイスと同じようなことが起きた場合、最も大きな影響が出てくるのは日本だと見られている。スイスは先進国の中で最も極端な金融政策をとっていましたが、そのスイスに次いで過激な政策に舵を切っているのが日本銀行だからです」

クレディ・スイス証券チーフエコノミストの白川浩道氏も言う。

「日本銀行が異次元緩和を始めてまもなく3年目に突入しますが、大量に国債を買い続けるこの政策は限界が近づいてきました。スイスの例を見てもわかるように、無理のある異常な政策はどこかでやめなければいけない時が来るのです。そして中央銀行が降りる決断をした際には、副作用は避けられない。このほどスイス中銀がギブアップすると、スイスフランは対ユーロで一気に3割ほど急騰しました。日本に置き換えれば、1ドル=120円から85円になったわけで、日本でも同様の事態になればこれほどの急激な円高シフトが起きかねないといえます」
マーケットは「スイスの次」に日本を連想し始めた。その先にあるのは円安の終了、つまりは、円高への恐怖の逆走だ。

恐ろしいことに、そんな悲劇はある日突然幕を開ける可能性が高い。

今回のスイスのケースを見ても、中央銀行幹部が無制限介入という政策こそが金融政策の中心だと言ったその数日後に前言撤回。政策終了が発表されて、急激な通貨暴騰が発生した。

翻って日本を見れば……。

「1月21日に黒田東彦日銀総裁は会見で強気な態度を示していましたが、実際はもうお手上げ状態です。原油価格の低迷もあり2%のインフレ目標は達成できそうもないうえ、再度の黒田バズーカをうてば日銀不信が高まるリスクに直面する。打つ手がなく、ファンドマネージャーであればクビになってもおかしくない窮地に陥っています。

スイスでも日本でも同じように、政策当局者が自信を失っている。となれば、基本的に、『国策には乗れ』が合い言葉だった投資家たちはなにを信じればいいのかわからなくなってしまう。これほど不透明な市場環境はありません。円安環境にある現在でも、常に円高リスクに備えなければいけない時代に突入したといえます」(通貨・国際投資アナリストの小口幸伸氏)

円安の前提が大崩壊

円高への逆走が真実味をもって語られ始めているのには、米国の事情も影響している。

そもそも昨年来の円安エンジンをふかしているのは、米国の利上げ観測。米国が利上げをすれば日米間で金利差が大きくなり、これが円安要因となると見越して、マーケットではドル買い・円売りが進んでいる。

「しかし、米国では賃金の上昇が遅れているため、消費が伸びていません。先日発表になった消費者物価指数も上昇が鈍ってきました。この結果、今年の半ばに行われると思われていた利上げが後ろにずれこむという予想が増えてきた。円安の前提となる利上げシナリオが崩れれば、円安の流れが円高に転じる可能性はあります」(東短リサーチ・チーフエコノミストの加藤出氏)

世界のメディアでは、米FRBのジャネット・イエレン議長は利上げに踏み切れないとの予測も出ている。背景にあるのは、昨年より急激に進んでいる原油安だ。

「米国が利上げをするにはインフレになっていることが条件ですが、原油価格が下げ止まらないことでインフレになりにくくなっています。原油価格は下げ止まったという楽観論を語る人もいますが、まだまだ低下するリスクは十分にある。現在1バレル=40ドル台の水準ですが、これが35ドル前後まで下がれば、円安のシナリオが崩れるのは当然。そこまでいけば産油国を中心に新興国経済が大打撃を受けて市場全体が一気にリスクオフに傾き、短期的に円が買われやすくなるというパターンになるでしょう」(株式評論家の渡辺久芳氏)
仮に米国が利上げに成功したとしても安泰ではなく、「利上げで割高感が強まる米国株が下がり始め、それを機にリスクオフムードが生まれ、円高に振れる可能性が高い」(大和証券チーフ為替アナリストの亀岡裕次氏)。どっちに転んでも、その先に円高が待ち受けている可能性があるのだから恐ろしい。FPG証券社長の深谷幸司氏も言う。

「円高リスクを高めているのは、これまで円の先安感を支えてきた日銀の政策、米国の利上げシナリオが行き詰まり出していることだけが理由ではありません。日本の巨額な貿易赤字も円安要因でしたが、ここへきて原油安などの効果で貿易収支が改善しつつあります。これ以上に円安が進むファクターが次第に力を失いつつあるということ。当然、最大の円高要因として米国株の下落リスクもあります」

1ドル=100円割れもある

そもそも、「直近の1ドル=118円ほどの為替相場はバブっていると言っていい水準です。というのも、様々な指標から為替の適性値を算出すると、1ドル=93~94円くらいが妥当といえるからです」(前出・白川氏)。

そんなバブル状態に針を刺し、一気に泡を破裂させかねないイベントも世界中にゴロゴロ転がっている。

「たとえば、米国のシェールガス関連企業の破綻ラッシュです。原油安ですでに倒産した会社も出てきましたが、さらに後が続けば資金の出し手である金融機関が莫大な不良債権を抱えることになる。すでに米国では数十兆円の不良債権があるとも言われ、サブプライムローン問題より大きな危機に発展しかねないという声も出てきた。仮に米国の大手銀行が破綻することになれば、急激なドル売り・円買いが起きて、1ドル=100円割れまで急騰する可能性があります」(証券アナリストの植木靖男氏)

欧州に目を転じても、ECB(欧州中央銀行)は、1月22日に域内の景気低迷を理由に、日銀同様、金融の量的緩和を発表した。

「ギリシャがEU(欧州連合)から退場させられるような事態になれば、コントロール不能なユーロ安になる危険性がある。その場合は世界的なリスクオフ相場になり、1ドル=100円近くまで円高になることもありえます」(前出・高野氏)。

SMBC日興証券シニアエコノミストの渡辺浩志氏は、「リーマン・ショックのように市場が予想しない事態が起きた場合が最も怖い」として、こう言う。

「たとえば、欧州危機が再燃してスペインやイタリアの銀行が破綻する。5月に総選挙が行われる英国でEUからの離脱を主張する政党が大勝して、英国がEU離脱を決める。仮にそんなことが起これば、リーマン級の衝撃がマーケットを駆け巡るでしょう。リーマン時には、半年足らずで約2割も円が急上昇しています。現在に置き換えれば、1ドル=90円台前半になる可能性があるということです。

そうした急激な円高が進む際には、企業収益は悪化し、このところやっと上昇の兆しが見えてきた賃金が減るどころか、リストラで職を失う人も出てくるでしょう。アベノミクスがスタートする以前の振り出しに戻るということです」
大手輸出企業は現在、円安効果で「最高益」だと騒いでいるが、円高になればこれが一転して大赤字に転落する危険性すら出てくる。しかも、製造業の中には海外に移していた工場を日本に戻す「円安シフト」を表明し始めているところもあるが、工場移転と円高のタイミングがばっちり合えば、経営者は目も当てられない地獄に直面する。

「円安を見込み資産を外貨に移していた富裕層にも大打撃です」(前出・白川氏)

最後に不気味な「法則」を紹介しておこう。

日本でかつて「消費増税」が行われた'89年、'97年からその翌年にかけてのドル円相場の推移を見ると、ともに増税後はまず円安が急伸。しかし、その後は急カーブを描くように、急激な円高シフトが幕を開け、ほんの数ヵ月で20円以上も円高に振れ戻している。

ご存じの通り、日本では昨年4月に消費税が5%から8%に上げられた。そして現在は円安が進んでいる。いま再び、歴史を繰り返すことになるのだろうか。

「週刊現代」2015年2月7日号より
スポンサーサイト
  1. 2015/02/08(日) 06:46:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リーマンショックの嘘 | ホーム | リーマンショックの予兆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kibe353.blog.fc2.com/tb.php/188-fec05ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソロス1

Author:ソロス1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。