生き残りの投資

私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警戒すべき新興国の連鎖安、97年型危機につながるリスク


[東京 11日 ロイター] - 原油価格の下落に端を発した世界規模の市場変動が、新興国市場を大きく揺さぶっている。米連邦準備理事会(FRB)の利上げが来年前半にもあるのではないかとの思惑が、新興国から米国へのマネーシフトを生みやすくし、新興国通貨・株式の下落を後押しする要因になっていることも見逃せない。

年明け以降、新興国からのマネー流出が加速すれば、1997年型の金融危機発生リスクに目配せする必要が出てくるだろう。

<12月初めから目立つ連鎖安>

5日に書いたコラム「意識すべき逆石油ショックのリスク、日銀も気にある原油下落」[ID:nL3N0TP14I]で指摘したとおりに、原油価格の下落がグローバルマーケットに「リスクオフ」心理を巻き起こし、米欧日の株価が足元で大幅に下落し始めた。

この金融・資本市場の「きしみ」は、過小評価すると後で大やけどを負いかねない危険性をはらんでいる。

直近の市場で非常に気になるのは、資源国に限らず、多くの新興国で株式と通貨が下落傾向を示し始めていることだ。

例えば、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中心国タイでは、SET指数SETIが12月に入って急落し、約1年2カ月ぶりの安値圏で推移。バーツTHB=も12月初めの高値から3%超の下落となっている。 続く...

ブラジルの通貨・株式の下落は5日に指摘した通りだが、メキシコ市場の動揺も急速に強まっている。株価.MXXは10日に2%超の下落を記録し、約1年5カ月ぶりの安値となった。メキシコ・ペソMXN=も2年半ぶりの水準に急落している。

<米利上げ観測が資金シフトに拍車>

新興国からのマネーの流出が一過性なら、心配するには及ばないだろう。だが、その背景に根の深いマクロ的な要因が介在しているとすれば、話しは別だ。

米欧金融機関の関係者を中心にささやかれているのは、FRBの利上げを見越して、米系ヘッジファンドなどのリスクマネーが、新興国市場から米市場へ「回帰」を始めているとの見立てだ。

実際、ドル指数.DXYは5年6カ月ぶりの高値圏に上昇しており、米市場に世界からマネーが流入していることを示している。

つまり足元のグローバル・マーケットでは、原油価格の急速な下落と米利上げ観測の2つが複合して、新興国・資源国からの資金流出を加速させる方向で力が働いていると言える。

一歩間違えれば、1997年のアジア通貨危機のように新興国・資源国の株式と通貨が同時多発的に下落する事態が起こり得るのではないか。

当時よりも世界の金融・資本市場は密接に関連しており、「危機」という認識が広がれば、「リスクオフ心理」が世界中に波及し、あっという間に米欧日の株価が想定以上に下落するというリスクシナリオの実現性が高まるだろう。 続く...

<原油安とドル指数上昇、日本株の命運握る>

東京市場では、11日の日経平均.N225の下落幅が155円で収まり、調整はヤマを越したとの楽観論が台頭している。しかし、その見方はあまりにも視野狭窄ではないだろうか。

足元で起きている株価下落は、日本単独で発生している現象ではなく、グローバルなマネーのうねりの一環であるとの認識が不可欠であると考える。

その意味で、原油価格の動向とドル指数の水準は、日本株の動向を予測する上で極めて重要であると指摘したい。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/13(土) 06:13:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クアドラプル・ウィッチング | ホーム | SUMCO SUMCOは需給逼迫でフル生産続く。来期は値戻しも進み利益続伸 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kibe353.blog.fc2.com/tb.php/171-edfb69b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ソロス1

Author:ソロス1
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (270)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。